債務整理の無料相談

債務整理も無料相談を糸口にして解決する時代になってきている

多重債務者は債務整理で借金を減らした方が良い理由

何社もの消費者金融から複数の借金をしているような場合、つまり多重債務に陥っているときには、債務整理を行うことが有効な問題解決の手段です。

 

 

多重債務や多額の債務を抱えて困窮している人の数は国内でも多数にのぼっていて、現在も社会問題として捉えられています。多重債務者は、まず任意整理によって、貸金業者との交渉をしていくことが第一歩です。

 

このときには、弁護士や司法書士にその交渉を依頼して、その交渉能力の高さを活用することを重視すべきです。弁護士等に頼らずとも、自分自身でも債権者との交渉は可能ですが、法律と交渉の専門家の力を借りたほうが有利であることは間違いありません。
迷ったときの相談先は債務整理時に頼れる無料相談を見てみましょう。

 

場馴れしている弁護士ならば、相手との交渉にもさほど時間を必要としないため、すぐに交渉がうまくいき、借金の金額が返済可能な範囲にまで少なくなります。また、借金の状況によっては、過払い金が返還されることによって、お金が入ってくることすらあります。

 

例え、過払い金は入ってこなかったとしても、借金の金額が今までより少なくなり、月々コツコツと返済していけば、数年以内に完済できるレベルにまで減少することが多いので、生活が楽になり、未来への希望を持って生きられるようになります。

今までの闇金とこれからの闇金

今までの闇金というのは、いわゆる高利貸しと呼ばれるものなんですが、イメージ的にはミナミの帝王のような感じです。10日で1割という高い利息で貸し付けるので、借りてしまえば相当苦労することが目に見えています。

 

そしてこれからの闇金というのは、もはや金融屋でもなんでもありません。ただの詐欺まがいのことをする人達もいますし、リース屋といって、お客から買い取った品をそのままお客にレンタルさせて、毎月とんでもない額のリース代金を請求する。

 

これからの闇金は手口が本当に多く、数えきれないほどあると言ってもいいかもしれません。しかし、ざっくり分ければそこまでの数ではありません、詐欺系の闇金、リース系の闇金、ショッピング枠現金化系の闇金、車担保系闇金、年金担保闇金。まだありますが、とりあえずことのくらいで話を進めます。

 

これだけの数の闇金の手口がありますが、さらにこれらを組み合わせたようなものまで出てきているので、警察としても対処がとても難しく、事件の発覚してからも闇金に認定されないこともあるようです。実際に闇金ではなくなってきています。お金を貸すという形態でやってる闇金は相当数が少ないように思えます。絶対にこういったお店を利用してはいけません。
闇金解決のためにかかる弁護士費用


ホーム RSS購読 サイトマップ